Label logo

 海老原淳子


プロフィール

海老原 淳子(えびはら じゅんこ) − 6月9日生まれ。双子座。A型。栃木県足利市出身。日本大学文理学部英文学科卒業。

4歳からオルガンを習い始め、12歳でビクトロンコンクール全国大会で優勝。この頃から早くもデモンストレーション演奏を行う。 中学時代は、コーラス部に属しながらフォークバンドでギターを、高校時代は演劇部に属するかたわらロックバンドでキーボードを担当、学生時代からバンド活動を行う。

大学入学後、アニタ・オディーを聴いてジャズに目覚める。その後、デキシーランドジャズのピアニストとしてデビュー。この頃、故宮川泰氏(arl)に見出され、以前から好きだった唄を本格的に始める。故薗田憲一(tb)とデキシーキングス、中川喜弘(tp)とデキシーデックス、花岡詠ニ(cl)とスイング四重奏団などベテラン陣との共演を重ねる。

都内を中心に弾き語りをも始め、自分のスタイルを築いていく。同時に作曲や編曲にも力を入れ始め、作編曲家である故宮川泰(ar)氏にも、持ち前のガッツを認められる。

その後、椎名豊氏(p)、大坂昌彦(ds)氏、岡安芳明氏(g)ら同世代のミュージシャンとも共演を重ねる。

1990年、単身ニューヨークに渡り、ルー・ドナルドソン(as)、ハーマン・フォスター(p)らと共演し、マンハッタン各地で好評を得る。帰国後、主に都内のホテルやライブハウスなどで積極的に活動。

小柄な身体から発するパワフルでパンチの効いた歌声、多くの人の心を捕らえてやまない個性的なハスキーヴォイス、ジャジーでポップかつファンキーなピアノには定評がある。そしてジャンルを超えて歌いこなすその歌唱力、幅広いレパートリィー、歌のみならずオチャメでジョークの効いた話術などに魅了されているファンも多い。作詞や訳詞、作編曲にも力を入れている。

2005年9月、SOHO にある「The Studio」で、NY在住のジャズギタリストであり音楽プロデューサーでもある増尾好秋氏のプロデュースで、初のリーダーアルバムをレコーディング。メンバーは、Sonny Rollins のバンドに約10年在籍したことや Liza Minnelli などのサポートミュージシャンとしても有名な Mark Soskin (p/key)、David Liebman Group の現在のメンバーであるリズムセクションの Tony Marino (b)、Marko Marcinko (ds) の2人、ゲストに中村誠一氏(ts)、という豪華な顔ぶれ。
プロデューサーである増尾好秋(g)氏の「Sunshine Avenue」レーベルより2008年リリース。

このレコーディングが縁となり、増尾好秋(g)氏の帰国時に横浜を中心に共演を重ねる。鈴木良雄(b)氏や宮之上貴昭(g)氏らとも共演。

現在活動中のユニットは、スタンダードに加えてアメリカンフォークソングなど、60’s〜70‘sの音楽をレパートリーに取り入れた“June's Wind”、基本的にピアノトリオを母体としたファンキーでブルージーなバンド“June & Ups”も好評を得ている。
自己のクインテッド“海老原淳子とスインギンスターズ”も新宿トラッドジャズフェスを中心に順調に活動を続けている。
また最近、2008年度浅草ジャズコンテストでグランプリを見事勝ち取った愛弟子、中溝ひろみ(vo) との息のあったコーラスも好評である。


海老原淳子のホームページ: http://www.rose.sannet.ne.jp/missjune/

 

ご不明な点やお気づきの点がありましたら Sunshine Ave Label までお問合せください